日本も含め、世界各国でCFDで利益があった場合、その利益に税金がかかるようになっています。CFDと税金の関係については、 あまり把握できていない方もいると思いますし、税金自体かからないと思われている方も多いようですが、それは違うということです。 ですが、CFDによって出た利益が20円に満たない場合は、税金の申告をする必要はありません。CFDの税金は株の取引が源泉分離課税になるのに 対してCFDは雑所得になるので、このあたりの違いもあることを理解していなくてはいけません。申告する時間がなかったり、 面倒だと思われる方は、証券会社で口座を開設すれば、申告等の手続きも行ってもらえることもありますから、調べてみましょう。 証券会社にCFDの税金の申告をお願いするときは、手数料などを徴収されることもあるので確認するのを忘れないようにしてくださいね。 金額にかかわらず、CFDで得た利益がある場合は、税務署などに問い合わせるか、詳しい方の意見を仰ぐなどしてくれぐれも 脱税をするようなことだけは避けるようにしましょう。インターネットなどでもCFDと税金について調べることができますから、 利用してみてくださいね。